鉄道写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために!について

鉄道写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために!

タムロンの鉄道風景コンテストには応募されましたか?先月、その入選者の発表がありました。> 「第5回タムロン鉄道風景コンテスト」の入選者発表です。

そして、11月にそごうの大宮で入賞作品の写真展がありました。あの鉄道写真家の広田さんとフォトライター鉄子の矢野さんの審査により受賞した作品です。

とはいっても、受賞した全ての作品ではなくて、入賞作品の他にタムロン賞、車輌写真賞、そしてユーモアフォト賞が展示されました。

ちなみに、第5回タムロン鉄道風景コンテストでは、応募作品は合計6200点を超えたそうです。前回の応募数を上回ったんだとか。

鉄道写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために

カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座



 
posted by 写真コンテスト at 18:35 | 写真コンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために!について

富士山写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために!

富士山の写真コンテストはいろいろ開催されていますね。
「NHK富士山写真コンクール」「ほこ×たて 静岡VS山梨 富士山写真コンテスト」「富士山百景写真コンテスト」「富士山フォトコンテスト」「御殿場の富士山写真コンテスト」「國写真コンテスト」「富士登山 きずな フォトコンテスト」「富士山アート&フォトコンテスト清水」
さすが、日本一の富士山ですね!

この中でちょっと気になる富士山写真コンテストは、やはり「ほこ×たて 静岡VS山梨 富士山写真コンテスト」です。
現在、フジテレビの「ほこ×たて」の番組企画で募集している写真コンテストになります。

平成25年7月放送予定の「ほこ×たて」で全国に紹介されるということで、平成25年5月7日まで応募を受付けているようです。

富士山写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために

カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座



 
posted by 写真コンテスト at 18:34 | 写真コンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野生動物写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために!について

野生動物写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために!

野生動物の写真コンテストといえば、「野生動物写真コンテスト・自然界に生きる野生動物たち」ですね。

野生動物の写真コンテストなので、相手がポーズを取ってくれるわけではありません。当然、それなりの撮り方が必要になってきます。

そんな時、野生動物写真コンテストの総評に書かれているシャッターの瞬間のポイントは大変に勉強になります。

例えば、平成23年度の野生動物写真コンテストで審査委員長の田中さんの総評では、こんなアドバイスがありました。
『動物の場合は撮影しようと思ったら時間をかけて被写体をよく観察し、撮影場所、位置、方向をよく考え、ここぞと思う瞬間に確実にシャッターを押すことが肝要です。』

もちろん、時間をかければ良いばかりとは言えませんが、野生動物の写真は忍耐力も試されますね!

野生動物写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために

カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座



 
posted by 写真コンテスト at 18:33 | 写真コンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変顔写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために!について

変顔写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために!

一風変わった写真コンテストがこの「変顔写真コンテスト」です。
よく調べてみたら、津南印刷商事主催の写真コンテストで「「地震や大雪で落ち込んでいる妻有地域の人を笑顔にしたくて企画しました。」ということです。

さらに、今回が第1回目となる変顔写真コンテストだそうで、第2回も計画をしているそうです。

ちなみに、第1回「変顔写真コンテスト」で「エフエムとおかまち賞」を受賞された方がいて、当然ながら、始めて応募して始めて賞を取ってしまい、受賞した本人もビックリだったようです。

恐らく、第2回「変顔写真コンテスト」からは、かなりレベルが上がっていくのでしょうね。

変顔写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために

カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座



 
posted by 写真コンテスト at 18:32 | 写真コンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふれあい写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために!について

ふれあい写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために!

ふれあい写真コンテスト、ちょっと抽象的な写真コンテストなんですが、こちらのコンテストもいろいろあるんですね。

「ふれあい写真コンテスト」「ふれあいフォトコンテスト」「キラクふれあいフォトコンテスト」「ペット・動物ふれあい写真コンテスト」「水とのふれあいフォトコンテスト」「家族のふれあい写真コンテスト」「動物愛護ふれあい写真コンクール」

ふれあい写真コンテストの被写体となる触れ合う相手は、やはり家族と動物が中心になってきますね。そんな中、「水とのふれあいフォトコンテスト」は目立ちますね。

独立行政法人「水資源機構」が主催している写真コンテストで、水資源の有限性、水の貴重さ、水資源開発の重要性を訴えるコンテストだそうです。

ちなみに、この「水とのふれあいフォトコンテスト」は1986年から毎年開催されていて、長い歴史のあるコンテストなんです。

ふれあい写真コンテストに応募する最高の一枚を撮るために

カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座



 
posted by 写真コンテスト at 15:48 | 写真コンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




FX業者の信頼性
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。